会社法と内部統制と事業報告

会社法では、内部統制について決定又は採決した内容は、事業報告に記載して報告することを定めているのです。

事業報告とは、会社の計算書類とあわせて製造される文書で監査役監査、会計監査人監査の対象となっているそうです。
続きを読む

工事管理報告書

工事監理報告書とは工事監理者が設計図書に照らして工事が適切に行なわれているかをチェックして報告した文書のことを言います。

一定規模以上の建築物を建築する場合には築物の安全の確保の為に、建築主は工事監理者を定めなければならない、と建築基準法に定められているのです。
続きを読む

報告書の書き方

報告書の書き方について調べてみたのです。

社内では、日ごろの業務について頻繁に報告書の提出を求められるものです。
続きを読む

新会社法事業報告書とは?

新会社法事業報告書について調べてみました。

新会社法事業報告書とは、2006年5月に施行された新会社法に基づいて作成された事業報告書なのです。
続きを読む

事業年度から適用可能

日本経済団体連合会は2月9日、「会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型」をHP上で公表しました。

平成18年5月1日施行の会社法改正に伴うものであって昨年12月22日に公布された改正会社計算規則等も盛り込んだものとなっています。
続きを読む

WEB開示制度

会社法は、旧商法と比べてこれらの書類に関する開示すべき情報が大幅に増えました。

株主総会招集通知は、書面を郵送する企業がほとんどであって開示すべき情報の増加は印刷費、郵送費などの費用負担が避けられないのです。
続きを読む

附属明細書

事業報告と計算書類の個々の附属明細書は、法令上明確に区別されているのです。

事業報告の附属明細書は事業報告の内容を補足するたいせつな事項をその内容とするのです。

続きを読む

事業報告の内容

事業報告は次に掲げる事項をその内容としています(会施規118)。

(1) その株式会社の状況に関する大切な事項

(2)  内部統制システムに関する体制の整備についての決定又は決議が有るときは、その決定又は決議の内容の概要です
続きを読む

事業報告と営業報告書

旧商法における営業報告書は会社の活動状況に関する大切な事項を記載するものとして、計算書類に含まれていたのです。
続きを読む

会社法事業報告のやりかた

事業報告・監査報告・会計監査報告についてお話ししましょう。

上場企業の総務法務関係の部署にとっては定時株主総会はいわばメイン・催事なのです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。